ガナパテリウム

(イラスト原案 / 一味  )
(イラスト / 川崎悟司  )
分類 哺乳類・長鼻目(ゾウ目)・ゾウ科
生息年代 500万年後
生息地域 インド、東南アジア
全長 400〜550cm
現在の アジアゾウよりもやや小型で体重も軽い。わずかに残った熱帯雨林に
住んでおり、高い場所に生えている栄養価の高い葉や木の実を主食としている。
なんといってもその特徴は二足歩行を可能にした太い後ろ足で、全体重を
支えられるように発達している。前足は腕のようになっており、物をつかむ
ことも可能。一説では昔、人間に飼われていた芸をするゾウの成れの果て
ではないかと言われている。また、背中に大きなコブがあり、 ラクダのように
エネルギーを蓄えることもできる。さらにそのコブによって体のバランスを
保っているとも考えられる。食物の少なくなった未来の自然環境に耐えるため
の進化だろう。名前はヒンドゥー教の神様「ガネーシャ」から由来している。

(解説 / 一味 )

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン