エカルタデタ  属名(Ekaltadeta

分類 哺乳類・有袋目・カンガルー科
生息時代 古第三紀(漸新世)〜第四紀(更新世)
生息地域 オーストラリア北部
全長 2m
現代では比較的おとなしい動物が多いオーストラリアの有袋類ですが、
太古のオーストラリアは ティラコレオや 肉食の カンガルーである
このエカルタデタなど肉食性の有袋類も多数いました。
エカルタデタは鋭い歯をもち、特に下アゴの前歯は長く前方に
突き出ていました。植物も食べますが、獲物を鋭い歯で
突き刺して襲って食べいたといわれています。

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。