アンキオルニス 学名(Anchiornis huxleyi ) 
分類 恐竜・竜盤目・獣脚亜目・デイノニコサウルス下目・トロオドン科
生息年代 ジュラ紀後期
生息地域 アジア(中国)
全長 34cm
中国遼寧省、1億6100万年〜1億5100万年前のジュラ紀後期の
地層から化石が発見され、 始祖鳥よりも1000万年古い羽毛恐竜です。
系統的に トロオドンの仲間とされていますが、ドロマエオサウルス科や
鳥類の特徴ももっているといわれています。
羽毛を持つ恐竜は後の時代の白亜紀のものが多く、羽毛恐竜から鳥類へ
進化する上で、最古の鳥類である始祖鳥より、羽毛恐竜の方が新しい時代に
いるという矛盾を解消することになります。
アンキオルニスは翼が後足にもある四翼で、四翼から鳥類の2翼へ移行して
いったものと考えられています。

ブログ記事(ついに恐竜の色が判明パート2)

ブログ記事(ジュラ紀トレンド〜4枚翼)


恐竜のイベント グッズのレンタル




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページ(top page)へどうぞ。