ドロマエオサウルス
 属名(Dromaeosaurus ) 中国名(馳龍)

分類 恐竜・竜盤目・獣脚亜目・ディノニコサウルス下目・ドロマエオサウルス科
生息年代 白亜紀後期
生息地域 北米
全長 2m
ディノニコサウルス類の中では頭が短く、ガッシリしていて歯も
大きいので後足の鈎爪(かぎつめ)をあまり使わず、獲物を噛み付いて
倒していたといわれています。脳や目は比較的大きく、脳容積は
200ccもあって知能は優れていたようです。
長い尾は骨化した腱で固められており、走るときにはこの尾
でバランスをとっていたと思われます。

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。