ダコサウルス  学名(Dakosaurus andiniensis
分類
Classification
爬虫類・ワニ目・中鰐亜目・メトリオリンクス科
Reptiles,Crocodilia,Mesoeucrocodylia,Metriorhynchidae
生息時代
Fossil range
白亜紀前期
Early Cretaceous
生息地域
Habitat
海(アルゼンチン)
Sea (Argentina)
全長 Body length 4m
海に生息していた海生ワニ、メトリオリンクス類に属する種です。
メトリオリンクスなどの他の海生ワニは、魚などを捕らえて
食べていたため、鼻先が細長く、たくさんの小さな薄い歯を
持っているのに対し、このダコサウルスは鼻先が短く、大きな歯には
ギザギザがあるなど肉食恐竜のような頭部をもっていた。
おそらく、大型の海生生物を襲ったと考えられています。

ブログ記事(恐竜顔の海生ワニ)

ブログ記事(恐竜時代のワニの多様性について)

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。