バハダサウルス  学名(Bajadasaurus ronuspinax

分類
Classification
恐竜・竜盤目・竜脚形亜目・ディプロドクス上科・ディクラエオサウルス科
Dinosauria , Saurischia , Sauropoda, Diplodocoidea, Dicraeosauridae
生息年代
Fossil range
白亜紀前期
Early Cretaceous
生息地域
Habitat
南アメリカ(アルゼンチン)
South America (Argentina)
全長 9m
2019年に発表された新種の恐竜です。南米アルゼンチンのバハダコロラド層
から発見され、ほぼ完全な頭骨と首の骨の一部がみつかっています。
近い恐竜のアマルガサウルス のように頸椎(首の骨)から二股に伸びる
とても長いトゲ(神経棘)をもっており、それが前方に突き出ていました。
おそらく、前に突き出たそのトゲで、肉食恐竜のような敵に驚かせたり、
身を守るのに役立っていたと考えられています。




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。