アリゾナサウルス  学名(Arizonasaurus babbitti ) 
分類 爬虫類・槽歯目・偽顎亜目・ラウイスクス下目・クテノサウルス科
生息年代 三畳紀中期
生息地域 北アメリカ
全長 2〜3m
2002年、アリゾナ州で2億4000万年前の地層から
化石が発見されました。
ポストスクスなどワニに近縁なラウイスクス類の仲間で
本種はその中でも脊椎骨の神経棘が長くなっており
背中に帆を持っていたと言われています。
同じ時代の帆をもつラウイスクス類は他に中国で発見された
ロトサウルスがいます。

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページ(top page)へどうぞ。