セントロサウルス
 属名(Centrosaurus ) 中国名(尖角龍)

分類 恐竜・周飾頭亜目・角竜下目・ケラトプス科・セントロサウルス亜科
生息年代 白亜紀後期
生息地域 カナダ、アメリカ
全長 6m
鼻の上に大きな長い角があり、眼の上には角とは呼べない
ほどの突起があります。えり飾り(フリル)の後方は反り返り
その後ろの縁にある突起は前方の方へかぎ状になっているのが
特徴です。セントロサウルスの属するセントロサウルス亜科は
他にスティラコサウルスなど 鼻面の一本角が特徴で、それから進化し、
一本角が切り株のようななった アケロウサウルス。そして
コブのようになった パキリノサウルスになった。
それはセントロサウルス亜科が縄張り争いやメスをめぐってのオス同士
の争いで一本角が使われ、致命傷で死んでいく個体が多くなるため、
角を退化させたという説もあります。

ブログ記事(北米の角竜は2タイプ)

ブログ記事(荒くれ者・トリケラトプス)

ブログ記事(北米角竜の多様性と造山運動の多様性)

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。