エイニオサウルス
 学名(Einiosaurus procurvicornis ) 中国名(野牛龍)

分類 恐竜・鳥盤目・周飾頭亜目・角竜下目・ケラトプス科・セントロサウルス亜科
生息時代 白亜紀後期
生息地域 北アメリカ
全長 5m
トリケラトプスなどのカスモサウルス類より、やや原始的な角竜
セントロサウルス類に属する恐竜です。鼻の上に大きく前に曲がった
太い角が特徴的で、えり飾りには長くて平たい2本の角が突き出ていました。
同じセントロサウルス類である スティラコサウルスの鼻の角はこのエイニオサウルスの
曲がった角に変化し、後に アケロウサウルス パキリノサウルス
大きなコブへと進化したという説があります。

ブログ記事(北米の角竜は2タイプ)

ブログ記事(荒くれ者・トリケラトプス)

ブログ記事(北米角竜の多様性と造山運動の多様性)

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。