ドリオサウルス  属名(Dryosaurus

分類 恐竜・鳥盤目・鳥脚亜目・ドリオサウルス科
生息時代 ジュラ紀後期
生息地域 ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ
全長 3〜4m
ドリオサウルスとは「木のトカゲ」という意味で、この恐竜が
森林の中で暮らしていたと考えられていました。
二足歩行の恐竜で後足は大腿骨より脛骨の方が長く、速く走れる
ようになっていました。5本指の前足は小さいですが、孵化した
ばかりの子供は前足が強く、4本足をついて歩いていたと考え
られています。

恐竜 化石
ティラノサウルス・恐竜なら化石セブン




★このページは「古世界の住人」の一部です。
検索などで来られた方は トップページへどうぞ。